本文へ移動
令和2年度の取組について、次の通り報告致します。

 
1.教育理念  『幼児教育こそ人格形成の礎である』

  教育目標  『生きる力』を育む  1.社会性を育てる
                   2.思いやりの心を育てる
                   3.主体性を育てる
                   4.基本的生活習慣の育成
   〈 めあて 〉  「一人ひとりを大切にした明るく楽しい幼稚園」
   〈 重点目標 〉  全ての子どもたちが、心身共に健やかに!
              ○ 明るく感性豊かな子ども
                ・思いやりをもって(個性を認め合う心)
                ・心豊かに(感動する心)
                ・自分で考える
                ・自分なりに表現する
              ○ 元気で健康な子ども[健康・安全の重視]
                ・生命の尊重
                ・心身の健康


2.めざす教職員の姿

   ◎ 園の教育方針を正しく理解し、目標達成と秩序の維持に努める。
     ○ 自己を厳しくみつめ、前向きな姿勢で職務の遂行にあたる。
     ○ 常に学び、互いに切磋琢磨して資質を高める。
     ○ 円滑な運営とより良い教育活動のために、建設的に意見を交わしたり、
       実現のための努力を惜しまない。
   ◎ 教職員のチームワークと信頼関係を大切にする。
     ○ 全員が、互いに愛情・信頼・責任をもって接すること。
     ○ 心身の健康管理に努めること。
     ○ 自主・責任・努力の意志のもと、協力・連帯の絆を力に職務に精励する。
   ◎ 子ども・保護者・外部の人の対して、真心をもって接する。
     ○ 温かい言葉、笑顔、思いやりのある言葉と、常に相手の立場に立って考
       え、寄り添う。


3.重点的に取り組む目標や計画

    教育目標を実現するために、年間・毎月のカリキュラムの検討と作成を行う。
   新型コロナウイルス感染予防対策を講じながらも、育ちの場としての役割を果
   たすべく、柔軟性のある保育教育活動を心掛ける。
   また、日頃の保育状況や園児の姿について、教職員間で確認しあい、振り返り
   を行うと共に、現状に即した柔軟な対応を心掛ける。園児一人ひとりを大切に
   した保育と保護者との信頼関係の構築に努め、幼稚園教諭・職員としての資質
   の向上と本園の教育の質を高めることに日々努力する。


4.評価項目の達成及び取組状況

評 価 項 目
取 組 状 況
評価
◎保育の計画性
  教育理念
  環境構成
  評 価・反 省
○教育目標・保育の重点目標について、教職員間の共通理
 解を深める機会設け、実際の保育に添わせていけるよう
 な具体的な話し合いの場面、反省会等の振り返りの機会
 を定期的に設けるよう努力している。
B
◎保育のあり方
  安 全・健 康
  幼児理解
  指 導
○安全計画・保健計画・危機管理マニュアルに基づいて、
 安全で健康な園生活を送ることに日々配慮している。
○子どもたち一人ひとりを大切にし、個と全体のバランス
 を考慮した関わりに努めている。
B

◎職員の資質・能力
  姿 勢・能 力
  義 務・組 織
 
○常に組織の一員である自覚をもった言動を心掛けるよう
 一人ひとりが努力している。
○経験年数に見合った職務の遂行に努めると共に、個々の
 特性を生かす職務の分担。
B
◎保護者への対応
  対 話
  交 流
 
○個人面談の実施、また、行事や給食等についてのアンケ
 ートを実施し、必要なものについては園の方針を示した
 り、改善したりするよう努めている。
○教職員全員が、真摯な対応を心掛けている。
B

◎社会との関わり
  幼小連携
  子育て支援
○地域の小学校・幼稚園・保育園との連絡会に定期的に参
 加して情報交換を行っている。進学先への情報提供。
○年間を通しての未就園児教室の実施。
B
◎研修と研究
  意 欲・態 度
  専門性
○研修会に積極的に参加し、学んだことを提供し、共有化
 を図ることに努め、また、教員間での意見交換を通して
 の学び合いの場を積極的に設けるようにしている。
B

 評価(A…十分に成果があった。B…成果があった。C…少し成果があった。D…成果があった。)


5.今後取り組むべき課題

   ⑴ 全職員が常に本園の教育理念を念頭に職務に当たり、互いに切磋琢磨しなが
     ら、それぞれの役割や使命を果たせる環境づくりに努める。
   ⑵ 園児の実態と中・長期的なビジョンに基づいた保育実践のバランスを取るこ
     とを心掛け、行事に向けての取組や形態を適切に見直していく。
   ⑶ 園児の安心感と保護者の信頼に直結する日々の「保育」「対応」をより丁寧
     に行うことを心掛け、保護者と子どもたちの成長を喜び合い、また、悩み等
     にも寄り添える存在としての園・教職員となっていけるよう、資質の向上に
     努める。
   ⑷ 安全管理・危機管理を徹底し、新型コロナウイルス感染予防対策の継続、ま
     た、地震・自然災害等どのような事態が生じても対応できるように、様々な 
     状況を想定しての訓練を重ねておく。
   ⑸ 幼保小、また、専門機関との連携をさらに深め、園児一人ひとりの将来を見
     据えた保育を実施していく。

6.学校評価委員会の評価

   ・めざす教職員の姿としての各項目に対しては、教員としての資質の向上に努
    める姿勢が園の教育の質の向上に繋がっていることが感じられるので、今後
    も努力を惜しまず、教職員には様々な分野を学び続けてほしい。
   ・コロナ禍にあっても、園児に対する教育の場の保障、また、行事の実施に対
    策を講じたり、工夫しながらの実施への努力が感じられた。保護者の理解や
    協力も大きく、これは日頃の教職員の真摯な対応の結果と思われ、大いに評
    価できる。
   ・保護者アンケートにもあるように、施設環境の整備や防犯面、また、緊急時
    の連絡方法等においては、具体的対応が必要と思われる。保護者に安心して
    もらうためにも、迅速かつ適切な計画と実行が望まれる。
    

TOPへ戻る